· 

最近のライター仕事

コロナ禍で、4月は激減していたライター仕事も、その後ズーム取材にシフトしたり、なくなる雑誌もあれば新しい方面からお声がかかることもあったりで、最近は通常営業となっています。ありがたや。

 

8月に発売された週刊女性では、ファイナンシャルプランナー坂本綾子先生監修「銀行口座は2つ それだけで貯まる」のページを担当しました。コロナ禍で断捨離の一環として口座も整理する人が増えたと聞いていましたが、先生のお話から、口座を絞ってお金の流れを見えやすくすることで無駄遣いを防げ、貯蓄につなげられるということがよくわかりました。

同じく週刊女性にて。「ストレスがスーッと消える 魔法の言葉」にて、メンタルヘルスに詳しい渡部卓先生への取材執筆を担当しました。心のモヤモヤを手放す、簡単で効果的な方法がたくさん紹介されています。

悩みや不安って、自分で思い込んでるだけだったりもしますよね。渡部先生はご著書もたくさん出されていますが、紹介されているテクニックはほんとに効きますよ。

PHPくらしラク〜る♪10月号では、「どっちがマッチ?あなたに合った片づけテク」のページを監修・執筆しました。さまざまな片付け方法がある中で、自分に合った方法を割り出し、より効果的に家をきれいにできる内容です。本全体の特集は「厄と汚れをごっそり落とす!すっごいお清め片づけ」。掃除テクや風水のお話も充実しています。

2021年の「ゲッターズ飯田の五星三心占い 開運ダイアリー」も少し制作をお手伝いしました。

12のタイプごとに専用の一冊が出ていて、年、月、日ごとの占いがついているので開運のための意識がキープしやすいです。ウィークリー部分にメモがたっぷりあるのも、メモ好きな自分に嬉しい。
実は今回制作も少しお手伝いさせていただきましたが、校正現場で偶然ご本人とお会いし、占ってもらうことができました。年季の入った占いノートを見ながら繰り出される占いは、確かな裏付けと愛のあるツッコミに満ちていて、あらためて自分を見つめ直すきっかけになったし、未来に希望が持てました。
手帳を購入した人も抽選で直接鑑定のチャンスがあるそうですよ。